室屋清隆のプロフィール

室屋清隆とは

室屋清隆プロフィール

室屋 清隆(むろや きよたか、1991月12月2日 -)は、日本のアフィリエイター、Webディレクター。室屋ネット広告の代表。愛称はむろす。

名前室屋清隆(むろやきよたか)
屋号室屋ネット広告
別名むろす
生年月日1991年12月2日
身長166cm
居住地愛知県名古屋市中村区
出生地岐阜県飛騨市
出身校富山大学人間発達科学部
職業アフィリエイター/Webディレクター
検定・資格Webアナリスト検定
ネットマーケティング検定
マーケティング・ビジネス実務検定B級C級
Internet Marketing Analyst 検定 Standardコース
SEO検定1~4級
特技SEO/仕事効率化/生活効率化
趣味飲み歩き / ネットサーフィン/エアロバイク
メールアドレスmuroya407@gmail.com

愛知県名古屋市に住む30代のアフィリエイター。広告代理店「室屋ネット広告」代表をつとめる。アフィリエイト歴10年。20以上のWebサイトを運営。

SEOを中心に、SNS、ネット広告、プレスリリースなどを幅広く活用して成果を上げることが得意。長年のノウハウをまとめた情報商材の販売や、コンサルティング業務も行っている。

新しいツールやサービスを積極的に活用して、効率よく、楽に大きな成果を目指すことがモットー。

室屋清隆の制作サイト

室屋清隆のSNS

  • Twitter

室屋清隆の来歴

生い立ち

1991年12月2日に、大工の父と専業主婦の母の長男として岐阜県飛騨市で生まれました。

幼い頃は外で遊ぶのが大好きで、学校から帰ったら友だち5人と、山で秘密基地を作ったり、河原で石や遊びをしていました。

初めてネットに触れたのは小学生の頃

インターネットに初めて触れたのは、小学校4年生の頃です。叔母に連れられて行ったパソコン教室の公開イベントがきっかけでした。
インターネットを使って、いろいろなものを調べてみるという内容でした。

そのとき、部屋にいながら、世界中のさまざまな情報を調べられるインターネットに強く関心を持ち、一気にのめり込みます。

学校生活をインターネットと共に過ごす

それからは、小学校のクラブ活動でパソコンクラブに入部して、タッチタイピングを人一倍訓練したり、中学校では視聴覚部に入部して検定の取得にはげみました。

その頃は、ブログやプロフ、ニコニコ動画や2ちゃんねる、フラッシュ倉庫といったネット文化の黎明期だったのもあり、サブカルチャーの強烈な魅力に惹きつけられます。

高校1年生になってからは、自分のブログも立ち上げ、卒業するまでほぼ毎日更新していました。

アフィリエイトを知ったきっかけ

アフィリエイトを初めて知ったのは、大学2年生のときです(2010年)。

アルバイトを探していたところ、大学の生協で「ホームページ制作のスタッフ募集」のバイト紹介チラシを見つけたことがきっかけです。

元々、パソコンに興味があった私は、すぐさま応募しました。そのアルバイト先こそが、アフィリエイトサイトを運営する会社だったのです。
これが私とアフィリエイトとの最初の出会いでした。

アルバイトでアフィリエイト関連のスキルを身につける

私の雇い主はプロのアフィリエイターで、私にさまざまなノウハウを教えてくれました。

そこで、SEOやHTML、CSS。ウェブデザイン、ウェブライティングについて基礎的なことを教わりました。

次第に興味が湧いてきた私は「自分もアフィリエイトで稼ぎたい!」と思うようになります。

初めて作ったサイトで収益化成功

空いた時間で見よう見まねでアフィリエイトサイトを作りました。初めて作ったのは、当時好きだったゲーム実況動画に関するサイトです。

ニッチなキーワードでサイト制作したのが良かったのか、運良く半年で、月々5万円の収入を得られるサイトに成長しました。

それに味をしめた私は、何か良さそうなキーワードや商材を見つけては、アフィリエイトサイトを作り上げました。
そのおかげで卒業時には、月々の収益が15万円ほどにアップしていました。

卒業後はアフィリエイトから離れてサラリーマンに

大学卒業後は、東京東銀座のインターネット広告代理店に就職し、2年半ほど働きました。

常時10社ほどのクライアントを担当し、リスティング広告やディスプレイ広告、Facebook、TwitterなどのSNS広告を運用していました。

会社勤めの頃は、副業が禁止されていたので、アフィリエイトサイト作りは封印です。この期間は完全にアフィリエイトから離れていました。

退社後は専業アフィリエイターになる

2016年6月に会社を退職し、生まれ育った岐阜県に戻りました。そこで、専業のアフィリエイターを目指すことにしました。

そして、これまで作ってきたサイトの運営に加えて、2ちゃんねるまとめサイト作成やnote商材販売を始めます。

また、この頃からTwitterやYou TubeをメインとしたSNS運営など、幅広いマーケティング手法を活用するようになりました。

サラリーマンのときに身に着けたマーケティングノウハウのおかげで、初めての個人事業主での活動でしたが、不自由なく生活できるほどの収入を得られました。

ノウハウを活かして地域密着のホームページ制作事業を始める

個人事業主になってから3年目になると、リアルでのビジネスにも興味を持つようになりました。

その頃は、アフィリエイト業界も個人が稼ぎにくくなっており、他の収入源を得たいと思っていたタイミングでもあります。

地元の商工会が開催する経営者向けセミナーに数ヶ月通ってキャッシュフローを学んだり、中小企業診断士の先生の相談を受けながら、事業計画書を作りました。

初期費用0円のホームページ制作サービスを始める

私が提供したのは「初期費用ゼロ円、完全成果報酬型のホームページ制作サービス」です。これまで扱ってきたアフィリエイトのリアル版といえます。

業界でも珍しい報酬形態のおかげか、興味を持ってくださる方は多く、反応は良いものでした。

1年ほど事業を続けていると、仕事で知り合った方々からの紹介で、大きな協会や第三セクターからの依頼もいただけ、売上も伸びてきました。

名古屋のアフィリエイターに影響を受けて引っ越しを決める

地元でホームページ制作の仕事をしていたときも、アフィリエイト関連の情報収集は欠かしませんでした。

特に、名古屋で開催されているアフィリエイト交流会には毎月のように通い続け、凄腕のアフィリエイターと情報交換を続けてきました。

個人でのアフィリエイトの難易度が高まっている中でも、大きく利益を上げていく同業者を見て、日に日にあこがれを持つようになりました。

そして、名古屋に引っ越して、より情報の密度の高いところで活動したいと、強く思うようになったのです。

名古屋でアフィリエイトをしながら新事業の開拓を進める

2020年7月に名古屋に引っ越して、1年半ほど立ちました。

現在は、自分のアフィリエイトサイトの運営・地元のホームページ制作・外部委託のWebディレクター・情報商材の作成と販売・コンサルティング業務など、多岐にわたって活動しています。

名古屋に来て、同業者と情報交換する中で知った「プレスリリース」や「リストマーケティング」も身につけ、より広く、深くリーチできる武器が手に入れられました。

今は、これまでに身に着けたスキルを活用し、実践の中で高めながら、新しく収益の上げられる事業を開拓する毎日です。